日本医学放射線学会物理部会による「医学物理用語集」(第1版1989年、第2版1990年)は、用語委員会の稲田哲雄委員長をはじめとする多くの委員ならびに西村克之担当幹事の精力的な活動によってできあがったものである。これらの「医学物理用語集」では収録する用語数を 5,000語以内に抑え、放射線医学を中心とした医学物理関連用語をコンパクトに網羅した構成になっている。この第2版の発刊以来、10年以上の歳月が経過し、この間、医学関連の物理、工学分野でめざましい研究・開発の発展があった。これに伴い用語が大きく変遷していることを背景に、「医学物理用語集」の改訂が2001年の日本医学物理学会の理事会で決定された。2002年に着手した改訂作業は、用語委員会による第2版の用語に対しての取捨の作業から始まった。この後、情報、治療、物理、測定、診断、防護の6分野の小委員会に分かれ、用語の吟味、新しい用語の追加などの作業が行われ、さらにそれらの用語を合体させた暫定版の用語集について6名の用語委員会委員による会議が頻繁に開催され、検討が行われた。8,000を上回る語を一語ずつ吟味して、取捨の決定や正確な英訳の決定、あるいは正しい用語に誘導するような作業は困難を極めるものであった。結果的に改訂作業に5年という歳月がかかってしまったが、最新の医学物理・工学ならびに関連する情報分野の研究、教育に十分に活用できうる内容になっていると確信している。新しい「医学物理用語集」では、用語が使用される分野も記し、簡潔、簡略でありながらも利用しやすい形態にし、医学物理・工学関連の研究、教育者が論文の作成や講読、学生教育などのさまざまなシーンで活用して頂けるような工夫を行っている。最終的に、総語彙数は8,393語となり、その内訳は情報関連分野で2,495語、治療関連分野で1,599語、物理関連分野で2,465語、測定関連分野で997語、診断関連分野で2,451語、防護関連分野で606語(分野間で重複があるためこれらの和は総語彙数にならない)となった。
  学問において、用語はそのよりどころになるものであり、語彙の用い方や概念が研究者間で異なると学問の発展は期待できない。この改訂作業を通じて、言葉こそ本質であると改めて感じた次第である。
  最後に、この「医学物理用語集」の改訂という重要な任務を与えて頂いた遠藤真広・前日本医学物理学会理事長に深謝するとともに、5年間にわたり延べ30日以上、朝10時から夜6時まで用語について議論するというタフな仕事を快く引き受けて頂いた用語委員会の委員の方々、ならびにそれぞれの分野の小委員会において精力的にご協力頂いた34名の委員の皆様に、心より感謝申し上げます。用語集の作成に加わって頂いた全ての委員の皆様のリストを次頁に掲載させて頂き、御礼の言葉に代えさせて頂きます。

日本医学物理学会 用語委員会
委員長、担当理事 尾川 浩一

日本医学物理学会 用語委員会 委員一覧

委員長 尾川浩一 法政大学 (兼担当理事)
副委員長 佐方周防 医用原子力技術研究振興財団
小委員長 今村惠子 聖マリアンナ医科大学
小委員長 齋藤秀敏 首都大学東京
小委員長 西村克之 茨城県立医療大学
小委員長 西澤かな枝 放射線医学総合研究所
前担当理事 加藤二久 首都大学東京
情報分野(小委員長 尾川浩一)
委員 小寺吉衛 名古屋大学
鈴木茂人 北見工業大学
長谷川智之 北里大学
原田康雄 昭和大学
藤田広志 岐阜大学
松本政典 熊本大学
村山秀雄 放射線医学総合研究所
治療分野(小委員長 佐方周防)
委員 内山幸男 岐阜医療科学大学
大谷浩樹 首都大学東京
垣花泰政 琉球大学
国枝悦夫 慶應義塾大学
山口悟司 東京臨海病院
物理分野(小委員長 今村惠子)
委員 江原範重 聖マリアンナ医科大学
大喜雅文 九州大学
加藤博和 岡山大学
金澤光隆 放射線医学総合研究所
古林 徹 京都大学
豊福不可依 九州大学
本間一弘 産業技術総合研究所
測定分野(小委員長 齋藤秀敏)
委員 高橋 豊 癌研究会癌研究所
福村明史 放射線医学総合研究所
藤崎達也 茨城県立医療大学
診断分野(小委員長 西村克之)
委員 阿部慎司 茨城県立医療大学
今村惠子 聖マリアンナ医科大学
尾川浩一 法政大学
椎名 毅 筑波大学
本間一弘 産業技術総合研究所
森 浩一 茨城県立医療大学
松本政雄 大阪大学
村山秀雄 放射線医学総合研究所
防護分野(小委員長 西澤かな枝)
委員 赤羽恵一 放射線医学総合研究所
岩井一男 日本大学
岩波 茂 前北里大学
西澤邦秀 名古屋大学
速水昭宗 前大阪大学
松本雅紀 放射線医学総合研究所
八木浩史 徳島大学
山口 寛 放射線医学総合研究所
(五十音順)